臼杵山内流 

2017-10-24
海と日本PROJECT in 大分県

海と日本プロジェクトin大分県から臼杵山内流を紹介しました。 臼杵市中津浦の鯉来ヶ浜で臼杵山内流遊泳大会が行われ、地元の小学生と指導者が参加しました。元々は海の上で戦うために生まれた山内流。いくつもの技がありました。その中でも重たい竿を持ちながら水の中を泳ぐ、「あおり足」という泳ぎ方はバタ足やキックなどとは違うので、子供たちはこの日のために特訓を重ねて泳げるようになりました。山内流の指導を始めて50年の土屋さんは、臼杵には本当に貴重な綺麗な海があるので多くの子供たちが山内流を体験して将来いい経験をしたと思ってもらえるように、これからも指導していきたいと語ってくれました。

放送日:2017年8月28日

関連リンク

ページ上部へ戻る