日本カブトガニを守る会

2016-12-22
海と日本PROJECT in 大分県

希少野生動植物の保護に含まれているカブトガニ。

日本カブトガニを守る会大分支部が杵築市森江湾で絶滅の危機に瀕するカブトガニを守るために生息しやすい環境づくりに取り組んでいます。

この活動が海を大切にすることに繋がり、きれいな海の特徴である「アマモ」(海藻)が生えてきました。生きた化石とも言われる貴重な生物の保護活動を通して海を守ることの大切さとその結果として海がきれいになることをお伝えしました。

 

放送日時:2016年10月11日(火)

番組名:ゆ~わくワイド&News

  • +1
  • 「日本カブトガニを守る会」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://oita.uminohi.jp/widget/article/?p=276" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://oita.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 大分県 </a></iframe><script src="https://oita.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 大分県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://oita.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://oita.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 大分県 </a></iframe><script src="https://oita.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>