シリーズ海の郷土料理② ひゅうが丼

2018-11-20
海と日本PROJECT in 大分県

今回は津久見市保戸島の郷土料理「ひゅうが丼」をご紹介します。

「ひゅうが丼」とは、保戸島のマグロ漁師たちが船の上で、漁の合間にかき込んでいた「まかない漁師飯」です。

作り方は、

①マグロを薄く切る。

②ゴマダレをご飯にかける。

③ゴマダレにマグロを漬けて味をなじませる。

④ご飯の上にマグロを乗せて盛りつける。

⑤お好みで薬味を添えて完成。

試食した森さんは「見た目はすごくシンプルだけど美味しい!甘く味付けされたマグロ。

そこにショウガの香りが、ふっと入って来る。そして、やっぱりゴマの風味が良いですね。」と大満足。

津久見市保戸島の郷土料理「ひゅうが丼」。皆さんもぜひ、味わってみて下さい。

放送日:11月13日(火)

関連リンク

ページ上部へ戻る