国際交流日本ジュニアヨットクラブ競技会2018開催!

2018-8-8
海と日本PROJECT in 大分県

九州で初の開催です!

  1. 美しい景色の中、白い帆が一斉にたなびきます
  2. 手前はレーザー4.7級のニュージーランドの選手
  3. 軽快にターンを決める日本の選手たち

8月最初の週末、日本ジュニアヨットクラブの国際競技会が別府市の北浜ヨットハーバーで開催されました。日本をはじめ、オーストラリア、香港、韓国、ニュージーランドの選手(〜18歳)が集い、ヨットを通じてシーマンシップを磨きました。大会の趣旨は、ファストセーラーより、グッドセーラーを育てること。

ですから第1の表彰は、シーマンシップに溢れる選手、指導者、クラブに贈られる『小澤吉太郎特別賞』です(小澤吉太郎氏は、ジュニアヨットの父と呼ばれている人です)。また、国内のジュニアセーラーたちが海外の選手と競うことで国際感覚を磨き、視野を広げていくことも、大きな目的としています。

国際色豊かな大会です

  1. 2人乗りのFJ級
  2. 韓国チームの監督と選手たち
  3. 香港からの15歳の選手は、風が良く、人も良いと別府に好印象

レースは、OP級の初級、上級、レーザー4.7、国際420級、FJ級に分かれ、スタートしました。まずまずのコンディションの中、風を読み、体を反転させながら、各艇、果敢にレースに挑みました。

選手の皆さんの笑顔が輝いていました!

  1. FJ級で参加、別府翔青高校の2年生と1年生
  2. ヨットが盛んとは知らずに別府翔青高校に入学。入学後、体験や友達に誘われてヨットの楽しさを知った2年生の2人
  3. オーストラリアから参加の14歳の選手は、家族が皆、セーラー。始めたのは7歳!

ヨットが盛んな地域には、しっかりとした指導者がいます。大分は恵まれた環境にあり、世界を目指す選手も輩出しています。しかし、まだまだ日本は海洋国家のわりにヨットの競技人口が少ないのが課題であり、こういった大会や啓蒙活動を通じて、子供たちにヨットの楽しさを体験してほしいと日本ジュニアヨットクラブ連盟は願っているとのことでした。

イベント名国際交流日本ジュニアヨットクラブ競技会2018
日程8月3日(金)、4日(土)、5日(日)
場所別府湾(別府市北浜ヨットハーバー)
主催主催:一般社団法人日本ジュニアヨットクラブ連盟  共催:大分県セーリング連盟 B&G別府海洋クラブ

関連リンク

ページ上部へ戻る