イルカ島おめでたニュース再び

2017-7-16
海と日本PROJECT in 大分県

県内で初めて飼育されるイルカの自然繁殖に成功したつくみイルカ島で再びメス一頭が妊娠していることが分かりました。今日から出産に向けての準備に入りました。

妊娠が分かったのはバンドウイルカのメスのナギ12歳。ナギは去年6月にオスのネオとの間で妊娠が確認されていましたが出産までには至りませんでした。その原因について飼育員の沢さんは「妊娠中のオスとの生活がストレスになったのではないか。今年はオスのいないいけすに移動させて妊娠が維持できるように試みたい。」と話していました。

飼育員4人がかりで広いプールに移ったナギ。お腹の中の赤ちゃんの成長にも期待が持てそうです。

今年5月に誕生したイルカの赤ちゃんは今では推定体重50キロになり、生まれたときの3倍以上に成長しました。

一頭目に続き、二頭目も無事に赤ちゃんイルカを誕生させることができるのか、つくみイルカ島の挑戦は今後も続きます。

 

イベント名イルカ島おめでたニュース再び
場所つくみイルカ島

関連リンク

ページ上部へ戻る