小学生の着衣泳教室

2017-7-10
海と日本PROJECT in 大分県

水難事故を防止しようと、豊後高田市の桂陽小学校の生徒およそ100人が服を着たままの状態で命を守る方法を学びました。

子どもたちは服を着たままプールに入り、消防隊員からペットボトルやランドセルを使った水中での安全な浮き方を学びました。

豊後高田市消防本部は、水難事故に対する意識を高め、事故のないように夏休みを楽しんでほしいとのことです。

イベント名小学生の着衣泳教室
参加人数100人
日程2017年7月10日
場所豊後高田市立桂陽小学校
主催豊後高田市消防本部
  • 「小学生の着衣泳教室」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://oita.uminohi.jp/widget/article/?p=443" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://oita.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 大分県 </a></iframe><script src="https://oita.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 大分県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://oita.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://oita.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 大分県 </a></iframe><script src="https://oita.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>