「大海原の王 大友宗麟プロジェクトvol.2 海の伝道師育成塾」発表会

2018-9-21
海と日本PROJECT in 大分県

海の伝道師育成塾の発表会が、開かれました

  1. 自分たちで仕上げた「海プロ新聞」に見入る子供たち
  2. 後ろのスライドで笑顔を見せている塾生本人が発表
  3. 楽しかったと口々に、素敵な発表会でした!

8月に実施された「大海原の王 大友宗麟プロジェクトvol.2 海の伝道師育成塾」の発表会が、大分市のコンパルホール・視聴覚室で行われました。

約1ヶ月ぶりに再会した子供たちは、「久しぶり!」と挨拶を交わし、早速ジョークを飛ばし合うなど、変わらず元気な様子。育成塾の最後に仕上げた「海プロ新聞」や、大分合同新聞に掲載された記事の拡大判を見ながら、楽しかった2日間を思い出しました。

リーダーのつだつよしさんが挨拶し、発表会がスタートしました。スライドを見ながら育成塾を振り返ります。1日めはヨットの体験と、城下カレイの養殖場見学。カレイの稚魚も放流。子供たちのワクワクした表情がスライドに次々に映し出されます。宿泊地の住吉浜リゾートパークでは、焼肉やキャンプファイヤーを楽しみました。夜更かしした子供たちが翌朝起きられず、ラジオ体操に集まったのは大人だけ!と、つださんが面白おかしく話すと、参加者から笑いがこぼれました。しかしこの日、子供たちは自主的にビーチのごみを拾い始めたそうです。これにはつださんも感激。

2日めは中津干潟と新大分丸クルーズ。スライドを見ながら、「何をしてるのかな?」とつださんが問いかけると、さっと手を挙げ、的確に回答。わずか2日間でしたが、海の伝道師としてしっかり学んだ姿を皆さんに見せることができました。

イベント名「大海原の王 大友宗麟プロジェクトvol.2 海の伝道師育成塾」発表会
日程9月16日(日)
場所大分市コンパルホール

関連リンク

ページ上部へ戻る