大分から世界に羽ばたく不屈のヨット少年!

海と日本PROJECT in 大分県

日に焼けた笑顔がかっこいい幸野翔太くん

  1. 風を読み、風を操る…からだにしみ込んだセンス
  2. オプティミストという前方が四角いヨットです
  3. 日本代表のライフジャケット

 トスキーです!セーリングのオプティミスト級世界選手権に出場した幸野翔太くんに会いに行きました!幸野翔太くんは中学1年生。お父さんの勧めで5歳からヨットを始めました。 「恥ずかしがり屋だったけど、ヨットを始めてからなんでもやるようになった」と、お父さん。 ヨットを乗りこなす姿は、頼もしさそのものです。そんな翔太くん、小学1年生のときに、心臓に 穴が空く病気であることがわかりました。生活に支障がなかったので、様子をみながら競技 を続けていました。ところがあるとき、ヨットに乗っていて気を失ってしまいます。病院で診て もらうと、心臓の穴が大きくなっていました。手術を勧められ、ヨットは続けられないかもしれ ない…と、お父さんは思ったそうです。みんなの祈りが通じ、手術は、開胸せずにできる方法 となり、無事に成功、1週間で退院できました。心臓の手術で、1週間で退院とは!  きっと幸運も味方につけているんだね。退院後はすぐに練習に復帰。そして日本代表選手権 で3位に入り、見事に世界への切符を手に入れました。ことし、タイでの国際大会に出場を 果たしたのです。 次の目標は、来年3月の日本代表選考レース。会場は地元別府なので、きっといい結果を残 してくれることでしょう。来年の世界大会は、キプロス。 みんなで応援しています。キプロス目指して、がんばれ、幸野翔太くん!

イベント名世界大会に出場した幸野翔太くんに会いに行きました!
日程8月21日(月)
場所B&G別府海洋クラブ 別府湾
ページ上部へ戻る