国体競技となりトライアスロン競技者増

海と日本PROJECT in 大分県

今年の国体から正式競技となったトライアスロン。大分県内の競技人口はランニングブーム、健康志向の高まりから、年々増えているようです。10月16日に佐伯市上浦の瀬会(ぜあい)海水浴場であった『第12回上浦トライアスロン大会』も参加者は過去最高の110名が参加しました。最高齢78歳のアスリートがいれば、鮮やかなユニフォームを着た女性アスリートも多数いました。

当日の様子

  1. 岩手国体のトライアスロンに出場した野仲典子さん
  2. 最高齢78歳の古賀元博さんが「全力を尽くそう」と参加者全員に気合いを注入しました
  3. トライアスロンの魅力を語る大分県トライアスロン連合の村上幸生会長

32歳からトライアスロンをはじめたという大分県トライアスロン連合の村上幸生会長は、「走る、泳ぐ、自転車に乗れることができれば、すぐにはじめることができる。素人ほど練習すればタイムが伸びる。面白いスポーツですよ」と、満面の笑顔でトライアスロンの魅力を語ってくれました。

競技はスイム1㌔、バイクは28㌔、ランは5㌔で実施しました。エネルギッシュなパフォーマンスは肉体もさることながら、それぞれが日頃の練習の成果を出し切ろうと自分の限界に挑戦する様に、沿道から拍手が自然と出ていました。

完走した選手のほとんどが、「順位やタイムは関係ない。精一杯の泳ぎ、走りができた」と喜び、「また来年も参加したい」と意欲十分でした。勝者だけが全てではない。それぞれが目標を持ち、努力して目標を達成できればいい。それがトライアスロンの魅力だと感じました。

イベント名第12回上浦トライアスロン大会
参加人数110名
日程10月16日(日)9:45〜13:00
場所大分県佐伯市上浦 瀬会(ぜあい)海水浴場~蒲戸(四浦半島)
主催佐伯市トライアスロン連合
ページ上部へ戻る