保戸島発祥、マグロを使った漁師メニューでスタミナを!

海と日本PROJECT in 大分県

大分県津久見市観光協会は、『津久見ひゅうが丼』キャンペーンを9月30日(金)まで実施しています。四浦半島沖の保戸島は、マグロの遠洋漁業の基地。明治時代から、船の上で火を使わずにでき、精のつくマグロ丼が食べられていました。『ひゅうが丼』と呼ばれる由来には諸説あり、風がひゅうひゅう吹きすさぶ船上で食べていたから…といわれていますが、はっきりしたことはわかりません。ごま風味の甘辛い味付と生姜の千切りなどの薬味が混ざり、マグロの濃厚な食感を引き立てます。キャンペーン中は、市内各所、店ごとのひゅうが丼を用意して、お客さんをもてなしています。9月9日(金)は、キャンペーン参加店にて、500円でひゅうが丼が食べられるとのこと(数に限りがあります)。スタミナ満点のひゅうが丼で夏バテを解消しましょう! “ひゅうが”ながら、日向(宮崎県)ではなく、津久見(大分県)です。『津久見ひゅうが丼』の名前が、海の向こうまで広がることを願って、パクリ! 海の恵みはほんとに美味!

キャンペーンについて

  1. 津久見市観光協会の河野由芽さん(右)と、リポーターの小野薫さん(左)
  2. 『亀吉』さんのひゅうが丼は、薬味たっぷりのあっさり系。定食にはクロメ汁やデザートが付きます
  3. 「お店によって味がちがい、どれもとても美味しいです!」と、ひゅうが丼が気に入った小野薫リポーターは、ひゅうが丼のかぶりものでポーズ!このかぶりものは、津久見市観光協会スタッフの愛情あふれる手作りです

イベント名:津久見ひゅうが丼キャンペーン

日   時:〜9月30日(金)

場   所:津久見市

主   催:大分県津久見市観光協会

詳細はこちら→ http://oita.uminohi.jp/information/津久見市ひゅうが丼キャンペーン/

イベント名津久見ひゅうが丼キャンペーン
ページ上部へ戻る