おおいたうつくし海岸づくりフェスタin屋形島実施

海と日本PROJECT in 大分県

佐伯市蒲江町の屋形島に行ってきました!

  1. 蒲江から定期船でわずか10分、屋形島に到着です
  2. みんなで流れ着いたごみを拾いました
  3. ヒオウギガイの養殖小屋。海の中には熱帯魚もいました

トスキーです!

9月最初の日曜日、大分市内の小学生たちと佐伯市の小さな島、屋形島にやってきました。この島の住人は16人。メインロードはここです、と教えてもらった道は、海に面した道路で、滅多に車は通りません。まずは海をバックに、ハイ、ニッコリ! 夏休みは終わりましたが、屋形島ではまだまだ夏が楽しめそうです。その前に、みんなでごみを拾いました。きれいに見えるビーチにもプラスティックのごみや、空き缶が流れ着き、ごみ袋は4〜5袋にもなりました。ビーチクリーン活動のあとは、屋形島の特産品であるヒオウギガイの養殖小屋に向かいました。四国で採れたヒオウギガイの稚貝を、屋形島で育てています。屋形島はリアス式海岸でプランクトンが豊富、四国よりも育てるのに適した場所なのだそうです。「ヒオウギガイは泳ぐの?」と子供たちから質問が。「泳ぎます。水を吸い込んで前に進みます」。へー!と歓声。どんなふうに泳ぐのか見てみたいですね。

養殖したヒオウギガイをみんなで食べたよ!

  1. ビーチをきれいにしたあとでみんなで遊びました
  2. ヒオウギガイ、重たいね!
  3. ヒオウギガイ美味しかったよ!

 養殖小屋からヒオウギガイを引き上げて、ビーチに戻ります。大人たちはバーベキューの準備。子供たちは待ちに待った海遊びです。カヌーに乗ったり、ボートの上から飛び込んだり、たくさんの楽しい経験をしました。お昼になってお腹が空いて、海から上がってくると、さっき引き上げたばかりのヒオウギガイが蒸されていました。何も付けずにそのままでも磯の香りがしてとても美味しかったね。みんなパクパクたくさん食べました。海をきれいにして海と遊び、海の恩恵にあずかる。「また来たい!」と、みんなとても楽しそうでした

イベント名おおいたうつくし海岸づくりフェスタin屋形島
参加人数35人
日程9月3日(日)9:00〜15:30
場所佐伯市屋形島
主催NPO法人 おおいた環境保全フォーラム
協賛大分県うつくし作戦推進隊、ダイビングサービス レインボー 、海と日本プロジェクトin屋形島実行委員会
協力指  導   小出祥太郎氏(NPO法人 おおいた環境保全フォーラム) 今井仁倫氏(ダイビングサービス レインボー)
ページ上部へ戻る