嘉風関インタビュー

海と日本PROJECT in 大分県

大分県出身の力士、嘉風関に海についてのお話をお聞きしました。 小さい頃から海で泳いたり釣りをしたり海とともに育ってきたという嘉風関。 趣味の釣りは毎年11月の九州場所を終えた後、地元の佐伯市で釣りをするのが恒例行事となっているそうです。しかし最近釣れる魚やイカが少なくなったことに気が付いたそうです。実際、大分のイカの漁獲量はこの10年で半分以下に減少しています。 嘉風関はこれからの子どもたちにも昔のような綺麗な海を残していきたいという想いをお伝えしました。

放送日:2017年7月8日

ページ上部へ戻る