2017年 #7 臼杵山内流指導者 土屋さんインタビュー 200年の歴史を誇る古式泳法 

海と日本PROJECT in 大分県

大分県臼杵市におよそ200年伝わる泳法、臼杵山内流を指導して50年の土屋さんにお話を伺いました。山内流とは、通称古式泳法といって195年前から始まって今に伝わっています。 子どもを指導する上で土屋さんが心がけていることは、海に親しむことと、自分の身は自分で守るということです。 近年、日本水泳連盟が認定する13流派の中、海で指導ができているのは山内流だけなのだそう。他県ではプールが使われており、臼杵の恵まれた自然の中で泳げることはめったにありません。これは臼杵湾がきれいだということで、とても珍しいです。土屋さんはこれからも貴重な海を守っていきたいと語っていただきました。

ページ上部へ戻る