1泊2日のツアーで学ぶ海の役割

海と日本PROJECT in 大分県

県内の小学生が海の役割などについて学ぶ1泊2日のツアーが今日から始まりました!これは日本財団が推進する海と日本プロジェクトのひとつとして行われたものです。今日はテレビ大分本社で出発式が行われ、応募のあった県内の小学生19人が元気にバスに乗り込んで行きましたよ。一行は県立埋蔵文化センターで戦国大名大友宗麟と海の関わりについて学んだあと、午後からは杵築市の守江湾に移動しました。子供たちはカブトガニや海の生き物を見つけては興味深そうに観察していました。

参加した子供からは「知らない生き物を知れてとても楽しかった。」「カブトガニを見つけたりするのが面白かった」などの声が聞けました。ツアーは明日までで、明日は調べたことの発表会を行う予定だそうです。

 

イベント名1泊2日のツアーで学ぶ海の役割
参加人数19人
日程2017年8月23日
ページ上部へ戻る